トップ / 学校の教師とクラス分け

学校の教師とクラス分け

学校と障害者クラス

障害者暮らす学校のクラス分け

保育園や幼稚園では障害児がいるとその子ども専門に見てくれる保育士や幼稚園教諭などがいて親御さんも安心して預けることが出来ましたが学校となると、なかなかそこまでの援助が出来ないのが現実です。しかしクラス分けを工夫することでメリットやデメリットというのも生まれてきます。デメリットは、どうしても障害者に目がいくので贔屓目なんではないかという周りの視線がありますが、メリットとしては、学校で障害者と過ごすことで、普段では知ることの出来ない環境の中で、思いやり優しさを学ぶことで出来ますのでクラス分けの大切さを痛感します。

障害者

障害者のクラス分けのメリット

学校のクラス分けは教師にとって頭が痛い作業です。特に、障害者の方がいると、益々、大変です。障害者暮らすメリットとデメリットはたくさんあります。問題が噴出したときに学校がどう対応するかで、後のことが大きく変わります。教師、生徒、父母が前向きな考え方なら、障害者暮らすが変化し、良い方向へ導かれることでしょう。学ぶ場を取り上げてしまうことが一番よくないので、一緒に考えていくことが大切です。クラス分けはその第一歩です。友達を気遣う心、やさしい心を育むためにも、最初から一緒ではだめではなく、共に学ぶ姿勢がたいせつです。

↑PAGE TOP

© Copyright 成績で学校のクラスを分ける方法. All rights reserved.